食材インデックス あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

簡単料理レシピ集 > 食材インデックス > もやし

もやしの基礎(選び方/保存方法/栄養価など)

もやしの基礎

◆ 旬 ◆旬はとくになく、1年中出回っている。
◆ 種類 ◆
一般にみかけるもやしは、緑豆を発芽させたもの。大豆を発芽させたものは、大豆もやし、また豆もやし。

もやしの選び方

ある程度の太さがあり、白っぽいものがよい。「無漂白」の表示を確認する。
ヒゲが短く、白いもの(時間がたつとヒゲが長くなる)。

もやしの保存方法

鮮度が急激に落ちる。保存はせいぜい1日くらい。保存は、袋から出して新聞紙に包み、さらにポリ袋にいれて冷蔵庫の冷蔵室へ(野菜室よりも、温度が低い冷蔵室のほうが保存がきく)。

もやしの栄養価

ビタミンCが100g中、12mgと豊富。また、食物繊維も豊富。
  【 → 栄養価について】

もやしの安心できる食べ方

白くみせるため食品漂白用添加物や、根を溶かす薬品が使われているものがある。
漂白用の添加物は表皮に残っているので、ボウルにもやしを入れ、流水でこするようにして洗う。そのあと、水に酢を加えた中に2~3分浸し、もう一度洗い流す(酢に添加物を引き出す効果がある)。
塩ゆですることで、残留している薬剤はお湯の中に溶け出す。塩を加えてゆでることで、ゆでて失われるビタミンCを少なくする。

飛田和緒さんの毎日まいにち野菜のおかず 干し野菜のすすめ ベジタリアンのいきいきクッキング~豆と野菜のおいしい80品 黒豆が効く!―体を変える!キレイをつくる!大豆ファミリーの真打ち