簡単料理レシピ集:KaBaさんの今日、なに食べる?トップへ

かんぴょうの戻し方

かんぴょうは、あまり馴染みが無い食材かもしれませんが、お味噌汁に入れたり、炒め物に使ったり、即席漬けにしたり、と使い道はいろいろです。

使う度に戻すのは少し大変ですが、戻したものを冷凍保存することが出来るので、一度に多めに戻してしまいましょう。
冷凍する時は、適当な長さに切ったものを、1回分毎に分けて(例えば、お味噌汁1回分)ラップしておけば便利です。

(手順)
(1)塩もみする
水でサッと洗い、塩をまぶして両手で弾力が出るまでもむ。

  • 塩は少し多めにふりかけます。(小さじ1〜2程)
(2)水につける
水で塩を洗い流し、ボウルにたっぷりの水(又はぬるま湯)を入れ、5〜10分程つける。

(3)ゆでる
鍋に多めに湯をわかし、(2)のかんぴょう(水をきって)を好みの堅さにゆでる(10〜15分程)。

  • しっかりと柔らかくゆでたい時には、落し蓋をしたほうがいいでしょう。

  • 漬物など、歯ごたえを残して使いたい場合には、ゆでずに、塩もみした後、熱湯に15〜20分つけてから水気をきって使います。
ゆでる
 乾燥かんぴょうと戻したかんぴょうの比較
乾燥しているもの 戻したもの
乾燥しているもの (100g) 戻したもの (330g)
(堅めに戻したもの)
もっと使える乾物の本 村上祥子流乾物のおかず ちゃんと覚えたい乾物料理の基本 栄養がぎっしり詰まった乾物料理128のレシピ

[ 簡単レシピ | 作りおきレシピ | 手間暇レシピ | ハーブレシピ | 乾物料理レシピ ]

トップ | プロフィール | 「食」日記 | ハーブ料理のコツ | 料理の基礎 | 料理リンク集 | 乾物屋リンク集
ご意見、ご感想を KaBa までお願いします。
Copyright &copy 1999-2005 Kobori  All rights reserved.