簡単料理レシピ集:KaBaさんの今日、なに食べる?トップへ

ふきの下ごしらえ

独特の香りとほろ苦さがある「ふき」。あまりなじみが無い食材かもしれません。
別に難しいわけではありませんが、他の野菜とは少し違った下ごしらえをするので、その方法をまとめてみました。

(手順)
(1)板ずりする
ふきを茹でる鍋を用意し、多めに湯を沸かす。
ふきは、葉の部分を切り落とし、鍋に入る長さに切る。
ふきをまな板にのせ、塩を多めにふり、両手のひらで押さえながら転がして板ずりする。

  • お湯を沸かしている間に、ふきを切って、板ずりしておきます。
  • 塩の量は、ふき2本に対し、大さじ1ぐらいです。
板ずりする
(2)茹でる
(1) のふきを、塩がついたまま、沸騰した鍋に入れて茹で、冷水にとる。

  • 茹で時間は、4〜5分が目安です。
  • ふきは根元のほうが太いので、先に鍋に入れ、取り出す時には、細い先のほうから取り出すなど、少し時間差をつけると良いと思います。
  • もし重曹があれば、茹でるときに少し加えると色が鮮やかになります。
(3)皮を剥く
ふきが冷めたら、水から取りだし、根元のほうの切り口から少し皮を剥き、右の写真のように、剥き取った皮を集めて持ち、そのまま一気に引き下ろして全体の皮を剥く。

  • アクが強い野菜なので、皮を剥いた後、少し水にさらしてから使います。
  • 皮を剥く時、上の説明のように一気に剥くと、とても気持ちがいいものです。でも、うまく剥けない場合は少しずつ剥いて下さい。
皮を剥く
◆ ふきのレシピ


基本の和食 村上祥子流乾物のおかず はじめての和食 やさしい和食

[ 簡単レシピ | 作りおきレシピ | 手間暇レシピ | ハーブレシピ | 乾物料理レシピ ]

トップ | プロフィール | 「食」日記 | ハーブ料理のコツ | 料理の基礎 | 料理リンク集 | 乾物屋リンク集
ご意見、ご感想を KaBa までお願いします。
Copyright &copy 1999-2005 Kobori  All rights reserved.